ブログ

ダイバー・めしこの うみのなかブログ〜第一回・ホヤ〜

スタッフのめしこです。

海さくら潜水班で、水中作業があるときはいつもこんな格好をしている人です(笑)、こんにちは。

 

さてさて、月に1〜2回の頻度で更新していきますこちらの新コーナー(?)、石巻海さくらの活動地域である石巻&女川に生息している海のいきものを紹介していきます☺

普段みなさんにきれいにしていただいている海岸ですが、海の中の様子までは実際に潜ったことのある人しか見る/知ることができません。そこで少しでも海の中の生き物や様子をこのブログでお届けして、もっともっと石巻・女川の海に親しみを持ってもらえたらと思っています!

 

第一回は、おなじみ!宮城県民のソウルフード?「マボヤ(ホヤ)」です。

一見すると植物のようにも見えますが、れっきとした動物なのです。

 

みなさんがよく見かけていると思われるホヤは、こんな姿ですよね

(女川町竹浦のホヤ)

これは養殖ホヤです。

 

この姿を知っている人でも、海の中でホヤを見ると「何か違う!!」という感想がでてきます。

海の中で見る、天然のホヤはこんな感じです

↓↓

(撮影場所:女川町竹浦)

 

どうでしょうか?(「何か違う!!」)

 

色もさることながら、何よりも違うのはとげとげ!

もう一度見比べてみると…

 

養殖

 

天然

(撮影場所:石巻市雄勝波板)

 

…どうでしょうか??

 

なぜ養殖ホヤはまるっと&つるんとしているのか、天然ホヤはいぼいぼしているのかというと…

(画:めしこ)

 

養殖ホヤはぎっしりとくっついて成長していくので、いぼいぼが育たないのですね〜。

ですので、水中で天然のホヤを見ると「こんなにいぼいぼしていたっけ?」と思うのですね。

 

------------

ホヤは食べるだけのものではなく、生き物の共生の場にもなっています。

 

ホヤの近くには生き物がかくれていたり…(写真中央の茶色い魚は”アミメハギ”)

ホヤの中に卵を産み、隠す魚もいます。

 

また、ホヤに寄生して育つサンゴもいたりします。

↑ホヤに咲いている花のようなものは”ウスマメホネナシサンゴ”。

あまり育ちすぎるとホヤの入水口などをふさぎ、窒息死の原因になりますので、

漁師さんからは嫌われています。(キレイなんですけどね)

 

このような生き物や生態があるということは、実際に潜って見てみないと分からないことでもあります。

 

そもそもホヤってなんぞ?どうやってたべるの?などということは、

インターネット環境が普及しているこの時代、調べればすぐに出てきてしまいますが、

調べてもあまり出てこない!?

いつも掃除している海の中はこうなってたの!?

というような痒い所に手が届…きそうな情報を、お届けできたらいいなぁと思っています!

 

 

これから12回にわたり、周辺地域の海の環境やいきものを、ダイバー目線で紹介していきますので、ご覧いただけますと幸いですm(__)m

 



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

categories


selected entries


archives


search this site.